サウザンドウィンターズ

「東京リベンジャーズ」乾青宗は初代黒龍に憧れた少年!九井一との関係性は?

東京リベンジャーズ初代黒龍に憧れた少年 乾青宗 九井一との絆

「東京リベンジャーズ」乾青宗は、初代黒龍に憧れ再興を目指した少年です。

乾青宗と九井一の関係性、佐野真一郎・黒川イザナとの関わりなど、東京リベンジャーズの乾青宗を詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

乾青宗とは?

十代目黒龍特攻隊長

乾青宗は十代目黒龍(ブラックドラゴン)の特攻隊長です。

佐野真一郎が率いた初代黒龍に少年時代に憧れた乾青宗は、八代目黒龍の時代に加入するも総長黒川イザナによって黒龍は悪辣に変貌しており、その色に染まって少年院に入ることとなりました。

出所して来ると東京卍會によって九代目黒龍は壊滅しており、ココと合流後、柴大寿を紹介され、大寿を総長として十代目黒龍を旗揚げ、史上最凶と恐れられるチームを創っていきました。

十一代目黒龍副総長

聖夜決戦を通じて花垣武道に初代黒龍総長の面影を見た乾青宗は、関東事変の最中に武道に十一代目黒龍総長就任を依頼します。

武道が請け負うと、乾青宗は十一代目黒龍の副総長、そして東京卍會壱番隊隊員として武道を支えていきました。

乾青宗の過去

九井一との出会い

乾青宗と九井一は小学生時代からの幼馴染みです。

九井一は乾青宗の姉である赤音に激しく恋をしていましたが、不慮の火事により死亡、受け入れられないココは容姿が似ている青宗に赤音の姿を重ね合わせ、行動を共にしていくようになりました。

佐野真一郎との出会い

佐野真一郎のバイク屋に通うようになった乾青宗は、佐野真一郎と初代黒龍の関係性に強く憧れるようになります。

黒龍が代を重ねていっても憧れは消えることはなく、成長すると八代目黒龍へと加入しました。

黒川イザナとの出会い

乾青宗が加入した八代目黒龍は黒川イザナが総長を務めており、乾青宗ここで重用されます。

黒川イザナの代から黒龍は極悪な在り方に変わってしまっていて、乾青宗はその影響を受けて少年院に入る結果となりました。

乾青宗の主な動き・行動

血のハロウィン編(東京卍會vs芭流覇羅)

未来で元黒龍組の東卍最高幹部として定例会議に参加

血のハロウィン後の未来で乾青宗は初登王、元黒龍組の東卍最高幹部の一人として武道の前に姿を現しました。

聖夜決戦編(東京卍會vs黒龍)

柴家の前で花垣武道らと遭遇

乾青宗は、十代目黒龍総長である柴大寿の家の前でココと共に待機、ここに八戒と柚葉が武道、日向を連れて現れます。

黒龍のテリトリーに東京卍會壱番隊隊長が侵入してきたことを乾青宗は問題視、総長の弟である八戒の顔を立てて最初は我慢をしますが、徐々に一触即発のムードとなってしまいました。

八戒、柚葉との戦闘が本格的に始まる直前、コンビニから柴大寿が戻り状況が一変、花垣武道を助けるために八戒が黒龍入りを決断することになります。

聖夜の宇田川教会で三ツ谷隆、松野千冬と対峙

乾青宗はココと共に聖夜の宇田川教会に登場、大寿を相手に奮闘していた三ツ谷隆を背後から奇襲して負傷させます。

その後、東卍側が八戒と三ツ谷のコンビで大寿を相手する作戦をとると、乾青宗は自分を止めるために立ち向かってきた松野千冬と対峙しました。

乾青宗は千冬に一目置いており、本来は千冬が万全の状態の時にやりたかったと伝えますが、既に半間修二に千冬はボロボロにされていたため乾青宗が圧倒して勝利、大寿と東卍の戦いを見守ることになります。

柴大寿と決別

宇田川教会にマイキーとドラケンが到着すると、教会内でマイキーの一撃で大寿が敗北、教会外にいた100名の精鋭もドラケン一人に敗北してしまいます。

過去最凶とまで称された十代目黒龍が壊滅させられると、乾青宗は素直に敗北を認めて大寿と決別、ココを引き連れてその場を去っていきました。

九井一と共に東卍壱番隊傘下に降る

聖夜決戦で大寿に立ち向かった花垣武道の姿に初代黒龍総長・佐野真一郎の姿を重ね合わせた乾青宗は、マイキーとの話し合いで東京卍會の傘下となる場合、花垣武道の下につきたいと提示します。

マイキーはこれを承諾、乾青宗はココと共に十一代目黒龍として東京卍會壱番隊の傘下となりました。

未来では東卍幹部として橘直人らを襲撃

聖夜決戦を経た未来では、乾青宗はココと共に東京卍會の幹部となっており、東卍を秘密裏に調べていた橘直人を襲撃しに向かいます。

部隊を引き連れて向かった店は、過去に自分達の上司であった柴大寿、花垣武道もいましたが、乾青宗は二人を撃破することに迷いがなく一気に襲い掛かりました。

関東事変編(東京卍會vs天竺)

武藤泰宏に拘束され九井一を連れ去られる

乾青宗はココと共に東卍の特務部隊である伍番隊隊長・武藤泰宏に拘束、ここに花垣武道も同様に捕縛・連行されてきます。

武道が連行されたことで、乾青宗は自分が過去に横浜天竺総長・黒川イザナと繋がりがあったことでスパイ疑惑をかけられているのだと判断、自分達はスパイではなく、花垣武道は何も関係がないと説明しました。

しかし、武藤泰宏は東卍を裏切り横浜天竺四天王として創立に参画しており、その目的は金作りの天才であるココの天竺移籍だと判明、乾青宗は花垣武道と共に武藤泰宏に立ち向かいますが、拘束状態では勝てずココを連れ去られてしまいます。

花垣武道に黒龍十一代目総長就任を依頼

怪我の手当てをするため、乾青宗はココと拠点にしていた佐野真一郎のバイク屋だった廃墟へと向かいます。

ここで自分が初代黒龍再興のために奮闘してきたこと、その全てが空回りをして何も実にならなかったことを武道に告白、聖夜決戦での柴大寿との戦闘、先刻の武藤泰宏への挑戦から武道に真一郎の姿を確信した乾青宗は、花垣武道に十一代目黒龍総長を就任して欲しいと依頼、これを受諾され、武道に自分を預けることとなりました。

関東事変で九井一と向き合う

横浜埠頭で行われた横浜天竺との決戦では、乾青宗は九井一と対峙することになります。

ココは乾青宗のために天竺の幹部の席を用意していましたが、武道に自分を預け初代黒龍再興の志を取り戻した乾青宗はこれを拒否、大人になれと主張するココに対して乾青宗は過去の赤音のことを持ち出し、逆にココに赤音が失われた過去を受け入れてお前の方こそ大人になれと主張しました。

武藤泰宏に敗北

乾青宗とココは主義主張をぶつけ合いますが戦闘には発展せず、状況を見かねた武藤泰宏が登場、乾青宗の相手をすることになります。

武藤や東卍隊長格の中でも最も強く、路上でこそ凶悪な力を発揮する柔道の使い手で、乾青宗は武藤によって撃破されてしまいました。

未来ではドラケンとバイク屋を運営

横浜天竺、イザナ、稀咲がいなくなった未来は、マイキーによって元東卍メンバーの幸福が守られており、乾青宗もドラケンとバイク屋「S・S MOTORS」を運営して真っ当な人生を歩んでいました。

三天戦争編(関東卍會vs梵vs六波羅単代)

六波羅単代総長寺野サウスに襲われる

武道が高校二年生になった時代には、乾青宗は既にドラケンとバイク屋の運営を初めていました。

不良の第一線からは外れていましたが、時代は三天時代を迎えており、ドラケンをスカウトするためにバイク屋を訪れた六波羅単代総長・寺野サウスと遭遇、再び危険に巻き込まれてしまいました。

ドラケンに花垣武道の危険を知らせる

花垣武道が梵(ブラフマン)加入後、六波羅単代の末端メンバーが銃を用いて武道を狙っている情報を掴みます。

乾青宗は即座にバイク屋に戻ってドラケンに武道の居場所を確認、結果的にドラケンに武道の危険を知らせることとなり、これがドラケン死亡へと繋がりました。

※東京リベンジャーズ最新刊が無料で読める

東京リベンジャーズ最新刊27巻が2022年4月15日に発売されました。U-NEXTの31日間無料トライアルに登録することで東リベの最新刊を「無料」で読むことができます。

三天戦争はマイキー参戦によって悲惨な終わりを迎え、武道は病院へ…。そこにはドラケン死亡を受けて東卍の仲間たちがお見舞いに訪れるが!?

東リベ26巻を無料で読む

本ページの情報は2022年5月25日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

※東リベ最新254話「Train wreck」も無料で読める!!

東京リベンジャーズ最新話を読みたい方は、最新話254話「Train wreck」を2022年5月25日発売の週刊少年マガジンで読むことができます。U-NEXTを活用すれば無料で読める上、280ポイントが残りますので、280円割引で次号や最新巻を購入することができます。

二代目東京卍會の幹部陣が壊滅していく中、武道は未来視の能力でさらに最悪の未来が訪れることを知る。三途の凶行を武道は止めることができるのか!?