東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」鶴蝶は喧嘩屋を名乗る極悪の世代最強の男!黒川イザナ、花垣武道との関係は?

東京リベンジャーズ「喧嘩屋」 鶴蝶 極悪の世代最強の男

「東京リベンジャーズ」鶴蝶は、喧嘩屋の二つ名を持つ横浜天竺四天王筆頭です。

花垣武道との関係性、黒川イザナとの出会い、イザナと見た天竺の夢など、東京リベンジャーズの鶴蝶を詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

鶴蝶とは?

喧嘩屋

鶴蝶は、純粋な腕っ節の強さを求め強者との戦いを好む人物です。

強者との戦いを重ねていく中で「喧嘩屋」と呼ばれるようになり、極悪の世代の中でも最強と称されるまでに成長しました。

横浜天竺四天王筆頭

横浜天竺では、四天王筆頭の座に就いています。

極悪の世代が率いる横浜天竺の腕っ節最強として君臨し、関東事変では灰谷兄弟、望月莞爾、武藤泰宏が一撃で撃破された青鬼化アングリーも圧倒しました。

六波羅単代首席

関東事変後は寺野南に勧誘され、六波羅単代首席となります。

関東事変後に花垣武道に助言された「天竺の夢が終わるかは鶴蝶次第」という言葉を胸に、六波羅単代で夢を実現するために奮闘し始めます。

鶴蝶の過去

花垣武道の小学生時代の友人

鶴蝶は花垣武道の友人であり、小学二年生までは同級生として一緒に時間を過ごしていました。

両親が交通事故で命を失うと施設に預けられることとなり、距離ができたことで花垣武道とは疎遠になります。

施設で黒川イザナと出会う

生きる目的と気力を失っていた鶴蝶は、施設で黒川イザナと出会い、王と下僕の関係と共に生きる意味を与えられます。

二人は施設の中でも特に仲良くなっていき、いずれは自分達のように身寄りのない人達を集めて食べるのに困らないようにする国、「天竺」を創ろうという夢を共有しました。

鶴蝶の主な動き・行動

関東事変編(vs天竺)

花垣武道に黒川イザナを止めて欲しいと頼む

稀咲鉄太が裏で糸を引く戦いに反発した鶴蝶は、他の横浜天竺四天王が東京卍會に奇襲を仕掛ける中、横浜天竺の拠点倉庫で待機を続けます。

そこに天竺の裏を突こうとした東京卍會のスマイリー、アングリー、花垣武道、松野千冬が到着、鶴蝶は花垣武道の姿を確認すると、あえてスマイリーとの戦いに敗れて二人だけで会話する機会を作り、裏にいる稀咲鉄太の存在を教え、黒川イザナを止めてくれと頼みました。

しかし、稀咲とイザナの暴走を止めることはできず、佐野エマの一件で横浜天竺と東京卍會の対立は避けられない事態に発展、鶴蝶も関東事変に参戦することとなります。

東京卍會の主力メンバーを撃破

横浜第7埠頭の関東事変では、序盤は横浜天竺優勢で戦いが進められますが、アングリーが青鬼化したことで灰谷兄弟、望月莞爾、武藤泰宏が沈められ、一気に形勢を逆転されてしまいます。

武藤泰宏が武器を持ち出そうとすると、鶴蝶はかつて漢を教わった武藤が非道に陥ることを許容できず、味方の武藤の意識を奪い、自ら東京卍會の主力メンバーと相対しました。

他の四天王を一撃で撃破したアングリーも含め、鶴蝶は東京卍會の主力を一瞬で制圧、残るは花垣武道のみとなります。

花垣武道と対峙

花垣武道と対峙した鶴蝶は、圧倒的な攻撃力で花垣武道を撃破しにかかりますが、東京卍會を背負った花垣武道は倒れず、膠着状態が続きます。

痺れを切らした黒川イザナが前に出ようとしたところで、橘日向と共に失意のどん底から復活したマイキードラケンが到着、戦いはイザナとマイキーの頂上決戦となり、鶴蝶はその戦いを見守ることとなりました。

黒川イザナと共に稀咲鉄太に撃たれ倒れる

黒川イザナが劣勢に立ち拳銃を持ち出してマイキーに向けると、鶴蝶は黒川イザナを止め横浜天竺の負けだと説得します。

稀咲鉄太は鶴蝶の存在を自らの目的を果たす上で邪魔だと判断、鶴蝶は撃たれてしまい、さらに鶴蝶への追撃を庇った黒川イザナも撃たれ、二人は共に倒れてしまいました。

黒川イザナは孤独の中で命を落としましたが、鶴蝶だけは生存して病院で目覚め、お見舞いに来た花垣武道に事情を知らされます。黒川イザナと抱いた天竺の夢を鶴蝶は諦めかけましたが、天竺を夢で終わらせるかは鶴蝶次第だと助言されました。

未来:梵天幹部として登場

関東事変前までの鶴蝶は、極悪化した東京卍會の一員として、黒川イザナと稀咲鉄太に完全支配されていました。

関東事変を経て二人が命を落とすと東京卍會の極悪化は免れ、代わりにマイキーを頭領とした組織「梵天」が組成、鶴蝶もこの組織の幹部として参加しています。

三天戦争編(関東卍會vs梵vs六波羅単代)

寺野南に勧誘され六波羅単代に加入

横浜天竺の元四天王組を従えた寺野南が鑑別所を出所してくると、天竺最強であった鶴蝶を求めてスカウトしに現れます。

鶴蝶は当然素直に従うことはせずタイマンを張ることになりましたが、戦いは寺野南の圧勝で終わり、鶴蝶も六波羅単代に加入、首席の座を与えられました。

花垣武道を六波羅単代に勧誘

寺野南が対関東卍會にむけて龍宮寺堅を勧誘しにバイク屋「D&D MOTORS」に向かうと、鶴蝶は偶然居合わせた花垣武道と再会、もしも武道が最前線に戻ってくるのなら六波羅単代だとスカウトします。

しかし、その場には花垣武道をスカウトしに来ていた梵(ブラフマン)もおり、鶴蝶は初代黒龍の伝説の最強コンビの一角、ベンケイと対峙しますが、パトカーのサイレンが近付きその場は解散となりました。

遊園地の三天戦争でマイキーに撃破

遊園地で勃発した三天戦争では、寺野南の指示で元横浜天竺組は東京卍會を抑えに向かいます。

鶴蝶は三途春千夜からの一撃を受けながらも関東卍會の軍団を突破、マイキーの目の前に迫り、喧嘩屋として一度マイキーと本気で戦ってみたかったとタイマンを始めました。

マイキーは序盤何も抵抗しませんでしたが、ドラケンの名前を溢して黒い衝動に飲み込まれると、優勢だった鶴蝶は一瞬で敗北、マイキーに撃破される結果となりました。

※東京リベンジャーズ最新刊が無料で読める

東京リベンジャーズ最新刊27巻が2022年4月15日に発売されました。U-NEXTの31日間無料トライアルに登録することで東リベの最新刊を「無料」で読むことができます。

三天戦争はマイキー参戦によって悲惨な終わりを迎え、武道は病院へ…。そこにはドラケン死亡を受けて東卍の仲間たちがお見舞いに訪れるが!?

東リベ26巻を無料で読む

本ページの情報は2022年5月25日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

※東リベ最新254話「Train wreck」も無料で読める!!

東京リベンジャーズ最新話を読みたい方は、最新話254話「Train wreck」を2022年5月25日発売の週刊少年マガジンで読むことができます。U-NEXTを活用すれば無料で読める上、280ポイントが残りますので、280円割引で次号や最新巻を購入することができます。

二代目東京卍會の幹部陣が壊滅していく中、武道は未来視の能力でさらに最悪の未来が訪れることを知る。三途の凶行を武道は止めることができるのか!?